バスにひかれた私のBLOG

緊急手術

f0148699_12271288.jpg


「どうする~あげたまさんは~」

そんなゆるーい感じでとわれても。
そんなゆるーい問題なのか、これは。

とはいえ、あとから思えば。きっと、私をなごませてくれようと思い、
きっと、あの先生の気遣いから出た発言なのだろう。確認してはいないけど。

あの日救急車で運ばれた私は、もちろん緊急手術を受けた。
処置室にそっこーで運ばれ、私の周りをバタバタとたくさんの人が動き、
時には大勢に囲まれた。けれど、みんなが囲んでいるのは足であり
私は天井をみつめるしかなかった。

さすがに、どのくらい処置の時間があったのかはわからない。
痛み止めやなんやかんやの点滴やらで、はっきりとしていた私の意識は
徐々に薄らいできていたからだ。CTなどで、脳の検査もした。
頭もガッツリ打っていたからね。

肩から下には、相変わらず青いシートがかけられていた。
そのうち、両親が面会にきた。

「大丈夫だよ。足だから」。

母は後日。
「あんなに色白な...いや、青いあんたの顔は初めてみた」と言っていた。
この小麦色な私が青白い。写真に撮っておきたかったわ。

そのうち、「あげたまさん、手術室に行きますよ」。お呼びがかかった。
かつて、手術も入院もしたことのない私が、いっきになんもかんもを飛び越え
予告もなく、長丁場の手術に挑むことになった。
よほど急いでいたのだと思う。下半身麻酔がきくやいなや、
私の意識はまだはっきりしているとゆうのに、ガチャガチャとすぐにオペ。

あれ。
私、まだ全然意識がはっきりしてるんだけど。
もしや、こんな感じで手術するのかな。
ってことは、意外と私って軽症なのか。

そんなことを思っていたら、麻酔科の先生が頭の後ろでこう言った。
「どうする~、あげたまさんは~」
どうするって、いったいどうゆう意味なんだ..............?

「えっ。何が、ですか」
「いや~、眠りたい~?」
「手術の間ってことですか」
「そうそう~」
「いや。あの。なにぶん始めてなものでして。ちなみに、時間はどのくらい...」
「手術時間かい~?う~ん、10時間くらいかな~」
「は、はい?じゅ、じゅ、じゅ、10時間ですか?」
「そうだね~、そのくらいかな~」
「あの。普通、みなさんはどうされるんですかね」
「そりゃ~眠るに決まってるよ~アハハハハ~」
「...................................。あの.........」

寝ます!!すぐに眠らせてください(泣)!!
つーか、さっさと眠らせろ、コノヤロー!!

でもね。私はおもしろかったですよ、ある意味この会話が。
けれど、どうかな。他のひとには通用するのかな。
先生、ちゃんとひとをみて、こうゆう会話をしてるのかな。
いささか不安だ..............。

とゆうことで、私の長時間の手術はスタートした。
[PR]
by akiaki2u | 2007-08-05 12:50 | 手術
<< 説明すること 大丈夫 >>



バスにひかれた元バスガイド 復活迄の日々と今を綴ります
最新の記事
感謝
at 2010-10-01 22:49
痛みの種類
at 2010-09-17 10:18
動脈
at 2010-09-11 15:57
写真
at 2010-04-28 22:02
パラリンピック
at 2010-03-16 22:35
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧