バスにひかれた私のBLOG

強さ

f0148699_193127.jpg


ひとは私を強いという。

けれど、自分ではわからない。
私という人間が強いのかどうかなど。

ただ、弱くはないとは思う。
とゆうか、そんじょそこらのことでは、へこたれないとは思う。
そして、へこんでいられるか、とも思っている。
でも、そこで勘違いしてはいけない。
仮に私が強いのだとしたら、それは、私ひとりでこうなったのではないということを、だ。

人間はみんな弱い。けれど、環境や経験から強くなる。
そう思っている私がいるけれど、
人間はみんな強い。けれど、環境や経験で弱くなる。
そう考える知人もいる。

が、ただひとつわかっていることは、生まれたときはみんな同じってことだ。

そんなふうにして生まれた私が、こうゆう人格になった。
もちろん、たくさんの欠点があるに違いない。
だけど、このへこたれない私とゆう部分において、
何度となく、私が私自身に救われた。それは、事実だ。

そして、そんな自分になったのは、これまでに私に関わってくれた人、
起こった全ての事柄からの結果なのだと思う。
とすれば、事故にあった時から私に関わってくれた人。
そもそもの事故とゆう事柄。
ここに、深い意味を見出すべきなのだろう。

もっともっともっと。
今の私は、もっと強くなりたいと思っている。
でも、その強さがどうゆうものなのか、あまりに抽象的すぎて
上手な言葉にはできない。

「そんなに強くならなくていいのだよ」
「もっと弱味をみせてもいいのだよ」
「たまにはへこんでもいいじゃない」
そう言ってくれるひとがいる。

もちろん、その言葉は理解できる。そして、私を思っての発言だということも。
だけど、私のそれは少し違う。違うのだ。

私は「強くなくてはいけない」と、そこだけに目を向けているわけじゃない。
弱味だって、みせるときはみせてるし、へこんだときにはへこんだと口にする。
けれど、自分にふりかかる問題が大きければ大きいほど、それじゃいけないのだ。
その問題が、自分にしか解決できないことであればあるほど、
落ち込んでいる暇などないのだ。

長いトンネルに居座り続けるほど嫌なものはない。
そう、私が最も嫌なのは、大きな問題じゃなく、その問題によって
自分が大きく左右されてしまうことなのだ。

そして。
私に大きなものをくれたたくさんの人達。
私を残し、この世界から姿を消してしまった人達。
その人達のぶんまで、とは言わない。
だけど、その人達が私にくれたものをつぶしてしまうわけにはいかない。
私ができる恩返しは、もらったものを生かし続けること。
それには、強い私であり続けることが必要。

でも、思う。
弱い自分を克服するたびに、強くなってゆくんじゃないか、と。
だから。
弱さがあって、初めて強さがあるんじゃないか、と。
[PR]
by akiaki2u | 2007-07-28 19:35 | その他
<< 寒さ 下半身麻酔 >>



バスにひかれた元バスガイド 復活迄の日々と今を綴ります
最新の記事
感謝
at 2010-10-01 22:49
痛みの種類
at 2010-09-17 10:18
動脈
at 2010-09-11 15:57
写真
at 2010-04-28 22:02
パラリンピック
at 2010-03-16 22:35
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧