バスにひかれた私のBLOG

事故について その3

f0148699_13463838.jpg


何度も何度も叫んだ。運転手の名前を、何度も叫んだ。

けれど、バスはバックし続けた。
とうとう、大きなタイヤが私の足を踏み、そして乗り越えた。
意識がはっきりしていた私の心臓と脳みそは、今まで感じたことのないものになっていた。

そして。
やっと、バスが止まったのは、運転手が「何か缶でも踏んだかな」。
そう思って、一応確認しようとしたから、らしい。
つまり、私の足を空き缶か何かだと思ったようだ。
後日、他の運転手達が言っていた。「ねずみがタイヤに絡んでも違和感があるのに」と。
今言っても遅い話だが、ここまで気がつかなかったことが不思議でならない。
しかし、事故というのは、そうゆうものなのかもしれない。
それで済む問題じゃないけど、全然。

のらりくらりとバスから降りてきた運転手が、私の名前を叫んだと同時に。
私の耳には、たくさんの悲鳴がきこえてきた。
いったい、この数分の間に何が起こったのだろうか。
ほんのついさっき、私は普通に歩いていたのだ。
こんなことになるなんて、こんなことが待っているなんて、
0,1%も想像していなかった。
今、私はどうなっているのだろう。

誰かが、私をバスから少しひきずりだし、身体を上に向かせてくれた。
私の視界には、広い曇り空が広がった。
ポツポツと、雨が顔にあたる。

もしかしたら、私の足はついていないのではないだろうか。

痛みなどとゆう範囲を超えた、たとえようのないものが襲ってきた。
ここから私の闘いが始まり、新しい人生への幕開けが始まったのだ。
[PR]
by akiaki2u | 2007-07-10 14:01 | 受傷
<< 下半身麻酔 事故について その2 >>



バスにひかれた元バスガイド 復活迄の日々と今を綴ります
最新の記事
感謝
at 2010-10-01 22:49
痛みの種類
at 2010-09-17 10:18
動脈
at 2010-09-11 15:57
写真
at 2010-04-28 22:02
パラリンピック
at 2010-03-16 22:35
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧