バスにひかれた私のBLOG

大失敗

「ちょっと、あげたまちゃんっ!!」。

怒られました。
2度も怒られた。
そりゃそーだ。
さすがのわたしも
「こりゃ、ミスった」と反省しきり。
でも、反省したところで
もー遅い。
わたしは反省しながら
ふかーいふかーい眠りの世界へゴー。

基本。
病院ではメイクは禁止。
ま、普通に考えれば
とゆうか、考えなくても
入院中にメイクなんて
常識外だね。
だよ。

でも。
ある意味、許されてる部分もある。
そりゃ、フルメイクのバリバリは
どーかと思うけれど。
けど、軽い感じなら
メンタルを考えると
「病も気から」みたいなもので。
気分転換とゆうか
前向きになれるとゆうか
テンションあがるとゆうか。
許されてる部分もあるのだ。

ま。
おとこのこには
わからないとこだと思うけどさっ。

なんとゆうかな。
それだけ
平常心になれているとゆうか
心に余裕が出てきた目安にも
なったりするわけよね。

でも、何度もゆうけど
「フル」はさすがにダメよ。
ファンデがっつりに
アイラインばっつりに
グロスぎらぎらとか、ね。
それこそ
常識の範囲内ってことで。

で、わたし。
やってましたよ。
そりゃ、やるさ。
べつに、ひとから「ブサイク」とみられよーが
そんなことじゃないす。
違うのよ。
心まで入院患者になってしまうのが
非情にイヤだったんだ。

こお
区切りがないわけですよ
入院生活。
ただでさえ先がみえない。
退院のめどもない。
そんな中でのわたしのスペースは
自分のベッドとその周囲のみ。
そりゃそうよね
入院してんだから。
個室に入らない限り
そりゃそうです。

なんかね。
メリハリつけたかったんですよ。
とゆうか
わたしにとっては
自然なこと。
入院してようがどこにいようが
自分のペースを作りたい。

だから。
着替えました。
だって、普通着替えるでしょ。
1日中パジャマでいるなんて
めったにないことでしょ。
だから、着替えた。
午前中にリハだから
まず、朝ごはんの後に
(朝ごはん、食べないけどさ)
リハ服にチェンジ。

リハが終わって病室に戻ると
普通服にチェンジ。
とはいっても
さすがにジーンズとかはないけど(笑)。
部屋着的な。
そんな感じ。
そして、夜。
消灯前に
パジャマ系に着替える。
ま、パジャマはそもそも着ないので
スエット系とゆうかね。
そんな感じ。

確かに
「切断か否か」とゆう中では
そこまでできなかったけどねー。
とゆうか、絶対安静だったしね(笑)。
ベッド上でも
ほぼ動けなかったから。

と、話はそれたけど。
だから、わたしは
毎朝、まつげをくるくる。
マスカラ、ぬりぬり。

わたしのメイクは
基本、アイメイク。
みんなは「ファンデ」が絶対必要ゆうけど
わたしにはファンデはさほど。
なにがなくとも
まつげです。
ここをびーんと起こすと
「よっしゃーっ」と
ようやく、自分スイッチが入る。

でも、そこは常識内で。
通常は、マスカラ3度ぬりだけど
軽く1回程度。
一応、考えてますから(笑)。
そして、たまにチーク。
こお、なんつーのかな。
チークいれるとさ
顔にメリハリがでるのよお。

看護士さんは知ってたよ。
みんな
「そのくらいの気持ちが大事」って
そーいってくれてたし
病室のおばちゃん達に
メイク講座をしたこともあるよ。

しかし。
さすがのわたしも凹んだ。
自分で自分に
「あたし、なにやってんだ」と
気づいて凹んだ。

そお。
普段ならこれでいい。
けれどわたしは...

手術日にまつげやってたのよおーーーっ!!

バカ。
なにも考えてなかった。
さすがに手術日に
まつげくるくるはねえだろ、自分。
ふざけてんのかって話だろ、あたし。

手術室に入って
毎度おなじみの看護士さんに
「またよろしくねー」といわれ。
「あ、よろしくでーす」なんて返し。

そしたらいきなり。
「ねえ、あげたまちゃん。マスカラしてる?」

げ。
げげっ。
やばっ。
返事できねえ。

清潔第一じゃん、術中。
顔色、大事じゃん、術中。
とゆうか
そうゆうお話の以前の問題。
自分のゆるさに
びびりました、マジで。

しかも。
2回やりました、これ。
形成の看護士さんも
手術いく前に
忠告してくれっちゅーの(笑)。
まつげくるくるで
手術はないだろー(涙)。

術後、看護士さんに
「ねえ。あげたまちゃん、手術はイヤじゃないの?」と
そおきかれましたが。
まつげやってる余裕があるって
ある意味、神経太いって
そうゆう意味できいたみたいだけど。

イヤじゃない。
こわくないです
(病気の手術はべつね。
わたしのは怪我の手術だから)。
だって
眠ってるもん。
下半身麻酔の時だって
音はきこえるけど
痛くないもん。
みえないもん。
しかも、よくなる為にやるものでしょ。
悪くなるために受けるものじゃないもの。
だから、手術そのものは
まったくこわくない。
先生、たのんます。
それだけ。

ただね。
術後のずーーーーっと続く
寝たきり生活。
それだけは....

ホント、いやーーーっ。
拷問。
地獄。
[PR]
by akiaki2u | 2009-12-26 10:55 | 手術
<< 学んだこと 謎 >>



バスにひかれた元バスガイド 復活迄の日々と今を綴ります
最新の記事
感謝
at 2010-10-01 22:49
痛みの種類
at 2010-09-17 10:18
動脈
at 2010-09-11 15:57
写真
at 2010-04-28 22:02
パラリンピック
at 2010-03-16 22:35
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧