バスにひかれた私のBLOG

今日はクリスマスイブ。
クリスマスとゆうと
必ず思い出すわ。
クリスマスに手術して
覚醒したとたんに
ケーキをバカ喰いしたことを。

病室のおばちゃんたちが
夕方前から手術室に入ったわたしのために
ケーキを残しておいてくれたことを。

それを
ラリってるわたしは
(術後すぐってラリってるみたいじゃない?)
ばかばかと
何個もいっきに
深夜に食べたことを。

そう。
わたしは、覚醒がやたらと早い。
9回手術したけれど
術後に嘔吐したことは
1度しかない。
でもそれも
ケーキと同じように
ラリってるテンションで
とうきびを食べてしまったから...
だと思われます(笑)。

最初に運ばれたきた時の手術は
10時間前後かかったはずなんだけど
その時でさえ
嘔吐しなかった。
ビニールみたいな
透明カバーの囲いの中で
もわもわとはしていたけれど
そこまでの吐き気はこなかった。

観察していると
男子はそーでもないみたいね。
でも女子は
たいがい、みんな
術後は嘔吐。
3日くらいそれが
継続していたひともいたよ。
かわいそだね。

そんなわたしなもので
術後の酸素マスク。
あれが、ひどくうざい。
邪魔なのよおー。

意識もはっきりしてきて
(ラリってはいるけど)
脳みそと口が
なんとなくばらばらだったはするけれど
覚醒はしているわけで。
でも
「酸素マスクはずしていい?」
とゆっても
「まだダメ」と
なかなかオッケーがでない。

あれさー。
息苦しいんだって。
意識がぶっとんでる時なら
そんな気もおきないんだけど
覚醒している時の酸素マスクって
ひどくうざい。
逆に息苦しいのよ(笑)。
自分の呼吸が熱くて
逆にはーはーしてくる。

だから
「ダメ」ゆわれても
勝手にはずしちゃう。
「もーだいじょううだって」と
はずしちゃうの。
しつこいけど
逆に苦しいんだもん。
はずしたほーが
どんだけ呼吸が楽か。

けど
またすぐにみつかり
「あげたまちゃん、もーダメだってば」と
お叱りをうける状況。

だから
かなりずらして
頬に酸素マスクしてたぜ(笑)。
美容器具のよーになってたぜえー。

でもそれも
術後のわたしが
なぜか元気だから。
大きい手術をしても
長い手術をしても
なぜかタフガイだから。

「なんでだろ」

先生も「謎だ(笑)」と
ゆっていたよ。
でも、その謎のおかげで
ずいぶんと助かりました。
術後のつらさが
半減するもんねー。

でも、この謎。
解明してみたいわー(笑)。
[PR]
by akiaki2u | 2009-12-24 23:11 | 手術
<< 大失敗 痛感 >>



バスにひかれた元バスガイド 復活迄の日々と今を綴ります
最新の記事
感謝
at 2010-10-01 22:49
痛みの種類
at 2010-09-17 10:18
動脈
at 2010-09-11 15:57
写真
at 2010-04-28 22:02
パラリンピック
at 2010-03-16 22:35
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧