バスにひかれた私のBLOG

後遺症

先日。

今の私の足の、現実を知った。
正直、落ちた。
そして、泣いた。

けれど。
考えて考えて、考えるのをやめた。

それは、もうなげやりになったのではない。
考えたところで、答がないからやめたのだ。

現実を考えて、私なりに受け止めて。
そして、思った。
「そうなった時に、また考えよう」
その時に、悩めばいいのだ。

今から。
毎日毎日、そのことを思いながら生活するのは
精神的によくない。
大きなことが起きた時に。
その時に、ちゃんと考えよう。

もちろん。
頭の片隅には、残してある。
私のこの先の、起こりうることだから。
でも、それが。
1年後なのか10年後なのか。
それこそ、神のみぞ知る、なのだ。
医者にも、わからないことなのだ。

先の不安を考えるより
今日の私を考えよう。
明日の私を考えよう。

自分のことは、自分で処理できる。
対、ひとじゃない。
対、私なのだから
私の気持ちひとつなのだ。

対、ひとのことより
ずーっとずーっと楽だよね。
[PR]
by akiaki2u | 2008-12-28 22:23 | 後遺症
<< 師走 手術 >>



バスにひかれた元バスガイド 復活迄の日々と今を綴ります
最新の記事
感謝
at 2010-10-01 22:49
痛みの種類
at 2010-09-17 10:18
動脈
at 2010-09-11 15:57
写真
at 2010-04-28 22:02
パラリンピック
at 2010-03-16 22:35
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧