バスにひかれた私のBLOG

手術

手術は9回した。
約3年で9回。
最初の半年の入院で、5回やった。

最初の手術時。
意識は全然あったけど
一応、世でゆう重傷とゆう種類だったので
あるほーが不思議とゆう状況。
なので、流れに身を委ねるしかなかったので
手術に対しての、恐怖感などは
ほぼなかったように思う。

そんなことよりも、痛いし寒い。
これからどうなってしまうんだろ、私。
そんな状態を、早く回避したかった。
なので、むしろ。
早く手術してください。
もう、すぐにでもやってください。

そんな心境だったのだと思う。

もしこれが。
状況が違って、1ヶ月後の手術ですよ。
と、いうことならば。
もしかしたら、逆に恐かったかもしれない。
1日1日、少しずつ憂鬱になったのかも。

現に。
手術をしたくても、できない時期。
そんな状態が2度あった時には
毎日がとても重かった。
24時間そうじゃないけれど
心のどこかに、くずぶるものが常にあった。

しかも。
私の手術は、難しい手術とはいえ
命に関わるものではない。
悪性の腫瘍だとか
血液の病気であるとか。

そのような種類ではない。

だから、大丈夫なのだ。
例え、成功率が低くとも
生きる死ぬの問題じゃないのだから。

手術をして、あまりよい結果じゃなかった時も
確かに落ちたけれど
最後にはそう思えた。
そうゆう人達が、たくさん周りにいたから。

手術ができるだけいいのだ。
できる状態なのだ。
したくても、できない時。
したくても、できないひと。

それに比べたら
少しでも先にすすめるのなら。
少しでも良い方向にむかうのなら
どんな手術でも受けたいと思う。

今後。
私にあう、新しい何かの方法がでてくることを願おう。

でも。
術後の、背中からの痛みどめ。
脊髄に入れておくあれ。
あれは嫌だなあ~(笑)。
[PR]
by akiaki2u | 2008-12-27 21:51 | 手術
<< 後遺症 階段 >>



バスにひかれた元バスガイド 復活迄の日々と今を綴ります
最新の記事
感謝
at 2010-10-01 22:49
痛みの種類
at 2010-09-17 10:18
動脈
at 2010-09-11 15:57
写真
at 2010-04-28 22:02
パラリンピック
at 2010-03-16 22:35
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧